MENU

自分の年齢に合ったファッションで、女子力アップ!

若い頃は多少チープなファッションをしていても、お肌のハリとツヤでカバーできていました。
しかし30歳を越えてしまうと、昔と同じファッションをしていてはあまりに痛く見えて男性から引かれてしまいます。
捨てるには惜しい気持ちは分かりますが、見直した方が良いファッションも多いのです。

 

1.スカートはひざ丈まで

 

昔は美脚の女性でも、30歳を越えると全体的なお肌の衰えに負けてしまうようになります。
芸能人並みに全身エステで磨いていない限り、スカート丈は膝までが限度だと思いましょう。
ストッキングの黒も、本当に加齢を感じさせる印象になってしまいます。

 

2.リボンやフリル系のファッション

 

少し前に流行ったプラムスーツや前に大きなリボンのついたワンピースなど、昔購入したから勿体ないと思ってそのまま着ていませんか。
会社であまりにも年齢とはかけ離れた服装をしていると、仕事の能力的にもどうなのかと思われてしまいます。
若い人向けのファッションブランド卒業して、ノンブランドでも素材が良く、型崩れしない服装を選びましょう。

 

3.アクセサリーは上品に

 

髪の毛が長いからと、飾りのついたカチューシャをしていると、原宿の雑貨店を歩いているイメージがします。
バッグも明らかに若い人向けのブランドや、色がピンクであったりすると、一緒に出歩くのにどうかなと思ってしまいます。
30代を越えたら、オフィス向けには本革の製品も揃えるようにしましょう。

 

4. メイクのカラーにも注意

 

若いころはまだ肌に透明感があるので、多少濃いメイクをしても色が映えて可愛らしく見えます。
しかし肌がくすみ始めてからは濃い色のアイメイクとピンクの口紅は痛々しく見えます。

 

終わりに

 

人間は必ず年を取るものです。
自分の年齢に合わせた美しさを大切にしましょうね。